検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

動画再生

飛べない羽根

 
12月の小さな焦りの中
震えながら心にもない唄 意味も分からずうたった。

乳白色のセロファンの中の春
ボクは今もまだ気付かずに居る ウソツキな唄うたって。

飛べない羽根など無いはずだ
キミの瞳と真っすぐでひねくれた声に
イヤになる程引き付けられた後で初めて
分かったんだよ そんな笑顔の強さが
それとボクがキミをスキになったワケが。

笑っちゃうけどあの頃のボクはというと
泣きたい程 青臭くて必死に周りを嘲笑ってた。

そうする事でしかこのぬるま湯の毎日を
抜け出せはしないと信じ込んでいたんだよ。
本気で。

飛べない羽根なら放棄しよう。
もしそれが飛ぶ事すらを放棄するという事に
とられてもかまわないよ。
だってボクは分かったんだよ。
唄う事の意味が 切なくて青臭い そんな答えが。

初恋の様に胸が痛んだ キミとの出会い。
忘れたりしない。このぬるま湯の毎日を駆けてく
ただ一つの光だったのはキミだけだと。

飛べない羽根なら放棄しよう。
もしもそれが飛ぶ事すら放棄するという事に
とられてもかまわないよ
だってボクは分かったんだよ。
唄う事の意味が 切なくて青臭い そんな答えが。