検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

動画再生

花に夕景

 
陽は暮れた 街灯が光っていた
君には言えない
ハイカラに伏した街を縫って
歩いた夕景に

逃げ出した 頭でわかっていた
心はいらない
朱に染まる終点のホームから
落ちた今日を見ている

夕焼けだった
それが何処かに刺さったようだった
開いてしまった心に浮かんでいた花も
いつか散り去っていくなら

傷口をただ舐め合ってた
今日も君以外何もないような僕だ
泣いていた心は重なっていく
それはもうためらうくらい
透明色に澄んだ愛を歌っている
水圧のような愛を歌っている

陽は暮れた 僕らは歩いていた
言葉もいらない
飛んでいる色彩のない花は
目蓋に焼きついた

想い出みたいだ
それは何処かへ仕舞ってたんだった
思い出したって今じゃもう見つからない
今もそこに嘘なんてないんだ

花が降るほど俯いていた
今日も僕以外泣いてないような夜だ
海底の夜空は星ばっかさ
それはもうためらうくらい
心情だけを吐いた世界を歌っている
有体に言えば愛を歌っている

消え去ってゆくなら
花の降る陽に重なってた今日も
僕らの穴の開いた心は
神様にしか見えないから
春がもうためらうくらい
透明な 夕景に

傷口をただ舐め合ってた
今日も君以外何もないような僕だ
泣いていた心は重なっていく
それはもうためらうくらい
透明色に澄んだ愛を歌っている
水圧のような愛を歌っている