Uta-net

Movie&Songs

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

動画再生

10-9

 
黎明を彷徨う浮浪者
地面にへばりつくビル
鉛のように沈黙するゴミ

色めき立った景色の隙間を縫うように、それは君の心を占領していく。
それらは時に人を狂わせるほど美しい。

人々の抱いている価値観は多様。
しかしランダムな分布ではない。
国や地域や文化圏ごとに何らかの傾向がある。

それは時代が築き上げた圧倒的な伝統、大衆が作り出す熱狂への無抵抗。
そう、いたってまともな感覚だ。
その紙の様なペラペラの熱狂の中、
君は全身を口にして辛辣な言葉を垂れ流す。
その言葉は多くの者の琴線に触れ、また大衆を産み、
飲み込み、膨らみ、熱狂していく。
揺らぎ巡る君の中のそれ。

いつだってそっと世界纏って
さあ、次の時代の種を蒔いて

色めき立った景色の隙間を縫うように、それは君の心を占領していく。
今まさに漂ってる独特の共有感は、深々とした夜、
共に海に浸かるあの感じによく似ている。
音のない好奇心。
突如満たされる空虚。
今夜、空間と五感を分かち合い、むき出しの感性を咀嚼し、
ざわめき、恍惚とし、また考えに沈む。
一瞬足りとも気を抜けない。
我々は文化という流動的な共同体である。