Uta-net

Movie&Songs

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

動画再生

ミノリある日々

 
眩しくて伸ばした手の中
落ちる夕陽 川沿いの風に
揺れるススキ
伸びゆく影はやがて消えてく
気づけば思い出
過ぎ行く季節を
歩んでゆけるのも
ともに過ごした日々のおかげです

心に空いた穴 暗闇で埋まる前に
優しさで包んでくれた

満たされぬ時の中で 強がりな言葉吐いて
ごまかしてきたんだ全部

変わり行く街の姿にも あの頃はまだ気付けずに
周りの目を気にしては偽り 耳を塞ぎ目を背けたけど
寂しげな空丸く浮かぶ
夜長の闇優しく照らす
道に迷わぬように
変わらず見守ってくれる
今日もいつかは想い出
過ぎ行く季節を
歩んでいけるのも
共に過ごした日々のおかげです

痛みも悔やみも経て 喜び愛を知った
噛み締めてる温もりは 胸に残された傷跡を埋めてくれた

その中で触れてきた感情のすべてが
今いる世界を作ってくれました

降り注ぐ優しい言葉達の
本当の意味を見つけたよ
すくい上げた思いに 映し出した未来は
一粒もこぼさない

眩しくて伸ばした手の中
落ちる夕陽川沿いの風に揺れるススキ
伸びゆく影はやがて消えてく
気づけば思い出
過ぎ行く季節を
歩んでゆけるのも
ともに過ごした日々のおかげです
凍えそうな季節を前に 繋ぐ右手色づく並木
乾いた風が懐かしい香りを運ぶ
気づけば思い出
今こうして笑っていられるのも