Uta-net

Movie&Songs

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

動画再生

少年と真夏の太陽

 
光浴びジリジリと
焦げるほど
熱帯びたカラダ
伝う汗と徐々に失われてく
内側の潤い

サングラス掛け
視線覆って
見てるなんて勿体ない
弾ける素肌
揺れる波間
裸眼で溺れたいaiai

少し前まで
目に見えて感じてきた
大気汚染も今だけは
邪魔しないで下さい

危険信号放つ君に
声かけろと真夏の太陽
視線だけ追いかけて
焦れったいね
簡単なことだけど
背を向けると睨んでくるよ
奴に急かされ駆け出す 君の元へ

歩けば焼けた砂で感じる
痛みが心地いい
輝く素肌笑顔
自然と伸びてる鼻の下

一体何の魔法
なんにも縛るものは無いよ
着てるものなんて脱いじゃえば
君から目が離せないaiai

徐々に迫って来る
大きな入道雲
夕立よこの景色を
壊さないで下さい

危険信号放つ君に
オレンジ色寂しげな太陽
限られた時間だけ見守ってよ
単純なことだけど
手をつなぐと睨んでくるよ
奴の燃えるジェラシー 君と眺め

この季節が
気持ちまで大胆にさせるよ
波の音、月、星空が
照らし映し出すそそられるシルエット
焼けた背中の痛みも
君と過ごすための思い出
真夏の太陽
あなたの押した背中を
忘れないでください

危険信号放つ君に
声かけろと真夏の太陽
夏の夢覚めないで
色づけてよ
後悔はしたくないと
弾け飛んだ少年のパッション
奴に手を振り駆け出す 君の元へ