Uta-net

Movie&Songs

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

動画再生

打ち寄せられた忘却の残響に

 
足下に打ち寄せるのは記憶の欠片
砂の様にさらわれてく、いつわり
くずれて…消えてしまう

過ぎ去ってしまった想いの残響に
優しく触れた指先は形をくれた

その美しい微笑みの奥にはきっと
白い、脆い…真実 それだけを留めるの
なにも纏うことを許されない祈りの
遠い声が響く

今は未だ胸で囁く記憶の欠片
時という波の音に、いつかは
紛れて…褪せてしまう

「忘れたいとは思わないなら…」と
告げた貴方は、残響を繋ぎあわせた

ただ美しいままであれば構わないと
白い、脆い…真実、それだけを求めても
繕うことさえも適わない綻びを
痛む声が響く

知りたいから手を伸ばした
此処にはまだ、ありのまま残っている

その美しい微笑みの奥にはきっと
白い、脆い…真実 それだけを留めるの
なにも纏うことを許されない祈りの
遠い声が響く