検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

動画再生

CANVAS

 
この色が イヤだったんだ
濁って くすんで 情けなくて
だから僕は 決めたんだ
新しい 色 探しに行こう

道端の花 初めての雪
午後四時の空 消えかけの炎
その世界は 鮮やかに 色づく

自分の色は 自分で決める
だから 恐れなくていい
染まってゆく 白いキャンバス
なぜだろ 胸が痛むんだ

いつか ぼーっとしていた時
「今の 僕は何色だろう」
怖くて だけど知りたくて
仲間に 聞いてみたんだ

赤 青 黒 緑 紫
バラバラなんだけど
どこにも見たことないよね、と
誰もが 笑顔をくれた

みんなの声が 勇気をくれた
そうだ 染まらなくていい
みんなの色 重ねあわせて
一つだけの色になる

たくさんの人に巡りあい
愛し 愛され 傷つけ 傷つき
たくさんの声が響きあい
僕の世界は 彩られている
ありがとう ありがとう

自分の色は あの頃のまま
濁って くすんでるけど
今は 僕は 誇りに思う
これが自分だけの色
歌い続けよう 声を届けよう
もう 迷うことは 何も無い
変わらないままで 変わり続けよう
この扉の 向こう側へ

今じゃ このヘンテコな色
とても 好きになれたよ