Uta-net

Movie&Songs

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

動画再生

赤い砂漠

 
同じ様な時が巡る。
僕達は渦を巻いた。
群青は頬を撫でてあの空へ還っていく。

光を浴びた。
影に潜む孤独にきっと種類はない。
その傷跡も全て現実。

微かな光の中、きっと見えないままのその手を待った。
同じ奇跡を見たいだけで、心は何処か、はぐれてしまう。

遠ざかる朝に向けて
僕はまた砂を蹴って走り出す。
赤い唾を飲み込んで逃げ出そう。

始まりは悲劇の様にいつも追われ続けて、抜け出せなくて。
同じ奇跡を見たいだけの何も見えない僕を笑っていた。

光が射した。
君が泣いていたなら僕もおんなじさ。
ただ合図を待って、現実。

「名前を呼ばないで。僕はいつまでもこのままでいいから。
君だってそうでしょう?明日を待つだけ。僕らさよならさ。」

同じ光を見てた。