検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

動画再生

夕暮れに抱きしめて

 
水平線に沈む夕陽が 二人ではしゃいだ砂浜と
入江に浮かぶヨットを 紅く染める

海へ行くのは女の子だけと 嘘をついてドキドキしながら
潮風を頼りに ここまでやって来た

あなたは年上の ステキなUPTOWN BOYだから
全てが心配になるけど 気にしない

焼けた肌が 色あせても
寄り添う 二人の夕暮れと
肩にまわす その腕の
温もりを 信じている

寄せては返す 波間を潜って 沖から上がるサーファー達も
ボードを乗せた車で 帰ってく頃

浜辺にそって あなたと決めた 夜景が見えるペンションへと
さざ波をバックに てれながら歩いてく

私は気が強くて あなたをいつも困らせるけど
一番大切な人なの本当は

焼けた肌が 痛いくらい
抱き合う 二人のこの夜に
何も言わず 受け止めて
震えている 私の愛

焼けた肌が 痛いくらい
抱き合う 二人のこの夜に
何も言わず 受け止めて
震えている 私の愛

海岸線を照らす灯りが 岬まで輝いているわ
止まらない愛を 優しく包み込むように