検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

動画再生

冬のゴスペル

 
悲しみの鐘が聴こえるの
冬の空の遠く彼方から
さよならをうまく言えなくて
ふたり冬の風に吹かれてる

瞳を閉じて
夢を見るように
瞳を閉じて
祈り捧ぐように
愛がいま終わり告げるから

もう二度と
誰かを愛して
泣くことはないと誓った
十二月の午後

悲しみは薄墨色した
冬の空に滲んで流れる
なつかしい夏の日過ごした街も
いまは 眠っているだけ

瞳を閉じて
子供たちのように
瞳を閉じて
恋人のように
時がいま終わり告げるから

もう二度と
誰かを愛して
泣くことはないと誓った
十二月の午後

奇蹟が起こる前兆
不意に光が差し込む
神様が本当にいるのなら
いますぐにこの愛を甦えらせて

瞳を閉じて
悲しすぎるから
瞳を閉じて
微笑みを見せて
愛にいま別れ告げるから

もう二度と
誰かを愛して
泣くことはないと誓った
十二月の午後

さよならは
もう言わないから
泣きながら
耳を塞いだ
悲しみの鐘に