Uta-net

Movie&Songs

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

動画再生

波と風と月と星と

 
波と風と月と星とあおいだ空
砂の上で寝転がって語り明かし
淡い夜に差した朝が眩しかった
覚えてる 思いだして

波と風と月と星とあおいだ空
あの日決めた この子よりも綺麗になる
あまりにもいとしく思えて
負けられない そっと誓った

まぶた閉じて潮のかおりたどってみれば
うたう未来 高鳴ってくふたりがみえる

きみならこの先何を選ぶ あたしは負けずに何ができる
電話ひとつ いとも易く聞けるのに
なんでも器用にこなすきみに 聞かずにいるのはこわいからよ
夏と海に 空ときみに 誓った言葉 どれだけ果たしてこられたんだろう

波と風と月と星とあおいだ空
思い枯れていないはずよ あたしだって
周りうかがう癖は捨てて
守らなきゃ ずっときた道

子供のまま 大人の橋渡ろうとして
あたし何がほしかったか思いだせない

向かった先にはそびえる壁 まさぐるあいだに目先の罠
こだわってた誇りもそう崩れてく
なくした自信に気づかぬまま 夢まで忘れた無力な笑み
夏と海に 空ときみに 誓った言葉 どれだけ果たしてこられたんだろう

きみならこの先何を選ぶ あたしは負けずに何ができる
電話ひとつ いとも易く聞けるのに
なんでも器用にこなすきみに 聞かずにいるのはこわいからよ
近づいては遠ざかってく 熱い思いが

向かった先にはそびえる壁 まさぐるあいだに目先の罠
こだわってた誇りはまだ残ってる
不器用に走るこの姿に 負けないときみは言ってくれた
夏と海に 空ときみに 誓った言葉 どれだけ果たしてゆけるのだろう