Uta-net

Movie&Songs

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

動画再生

夏子

 
狂った季節の訪れ
まちは煌めく
僕は靴もちゃんと履かないで
財布と鍵だけはもって
いつもの道を歩いて行く

このまま僕らはいつまで
笑い合えんのって
未来の話をずっと考えて
気付けば外は明らんで
まぁいいやって思ってる

どこへだって行けるよ
青い風が背中を押してくれんだ
終わりなんてまだ言わないで欲しいよ

夏が過ぎるのは速いから
一瞬の魔法みたいだね
風にゆらゆら靡く髪の
シャンプーの匂いが
忘れらんないよ

19時過ぎの夕暮れ
まちが染まってく
いつからか夢や希望もなくなって
心に鍵をかけちゃって
もういいやって思っても

あの娘の白い肌と
露出多めの服でマジ最高だ
生まれてきて良かった 僕は
今年で21回目の夏、到来だ

僕は歳をとり君だけ
ずっと変わらない姿で
空にふわふわ浮かんでるんでしょう
そろそろいかなくちゃ

夏が過ぎるのは速いから
一瞬の魔法みたいだね
風にゆらゆら靡く髪の
シャンプーの匂いが
忘れらんないよ