Uta-net

Movie&Songs

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

動画再生

Still Unforgiven

 
「こんばんは、フィーナ。」
「…誰?」
「私はメイメイ。貴女を救いにきたの。」
「貴女に見せてあげる。“今”の貴女が、
これからどんな運命を辿るはずだったのかを」

「メイメイは語りかける。かつて語られなかった、最も最悪の可能性。」
「メイメイは語りかける。
残酷な運命。その全てを見通したモノの目で。」
「メイメイは語りかける。
フィーナの意思など存在しない、一方的な救済。」
「メイメイは語りかける。その美しい魂の家、損なわれぬよう。」

「これは誰……?まさか……私?」

捻くれた螺旋―― ――運命の神はかくも厳し
赦された罪過―― ――生きることだけを考えよ
終り無き夢想―― ――いつか生まれ来る君を信じ
慎ましき日々―― ――そこに来る悪夢の使者

こちらに向ける目が 哀れそうに私を射抜いて
発せられる言葉が 残酷な運命を告げる
小さな鏡が 映し出した見知らぬ光景
見慣れぬ誰かが “何か”を抱いて泣いていた……

醜い魂に価値などないと吐き棄てて
指し示すその姿は
見てはならない凄惨な赤(いろ)を帯びていた――

響く叫び声 只一つの名前
かつて描いたそれを彼女は叫び続けていた
生まれた時にはと 心に決めていた
わが子の名前が刻まれたひとつの瑕

何度も何度もその名を呼ぶは
壊れかけの機械のようで
何度も何度もその名を呼ぶは
それが愛しきもの故

「そんな……あれは、私。じゃあ、あの子がエフティヒア……。
そんな……だって、死んでるじゃない……!」

凡そ己とは 認められようもない姿に
たまらずフィーナは 呆然として膝をついた
いくつもの世界を 垣間見選んだ筈の現実(せかい)に
どうしてこんな仕打ち 誰を呪えばいいのだろう

響く無為な羽音が明日を呆気なく壊して
その最後待っていたのが
わが子を喪った私(ははおや)の姿か

ねえお願いだから その目をあけてよ
エフィー!鳴...まだ碌に抱きしめても
いなかったのに……
大切なモノを 奪われる未来に
何の価値があるのかとただ自問し続けた

何度も何度も頭を振って
必死に否定しようとするけど
何度も何度も蘇る光景
そして倒れ伏すフィーナ

放棄せよ
ただ嫌悪せよ
生を選び地を這うその姿
絶望せよ
ただ恭順せよ
明日も選ぶことのないように
その一切から目を逸らしても――

ねえもういいでしょう? 貴女の未来なんて
こんなどうしようもない結末しか待っていないのだから
愛しているなら 死なせたくないなら
貴女の“選び取る”道など一つしかない

現実は虚ろ 告解の果てに
全て否定する 薬を一つ
これで貴女も きっと幸せに
永遠の世界を歩もう――

「愛を注がれる間もなく、消えていく。そんな可能性は、
最初から生まれない方がいい。そう思うでしょう?」

「大丈夫。全ては嫌な夢。忘れてしまえるからね?
貴女はなーんにも心配しなくていいのよ」

「さあ、目を覚ましなさい、フィーナ。」

「う…貴女は…誰…?」

「知らないのも無理はないわ。私は、
貴女の遠い血縁にあたる者。
倒れた貴女の様子を見ていたの。」

「これをお飲みなさい。今よりも、もっと、楽になれるわ…」

「フィーナ。残酷な運命に翻弄された少女。
そうしてあるときを境に、
彼女の行方は誰も知ることはなかった――」