Uta-net

Movie&Songs

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

動画再生

Mirror Image

 
金糸雀という鳥は
人の為に 自らその翼捧げたなら
二度と羽ばたくこともなく

美しい鳥だという
その響きに この心に冠し生きるのには
相応しくない名だと思う

結ばれていたはずの
二人を引き裂いたものに
向けたその殺意(おもい)は決して否定しようもなく

『消してしまえば』
『あいつさえいなければ』
その思いの果てに起こした凶行は
元を正せば
貴女のせいよと
指し示す魔女の手先は ただ薄く笑っているばかり

「何がおかしいの?笑ってないでなんとか言ってみたら!?」

「貴女は何も分かっていない。
損なわれるべきでなかった色。救われた色。
貴女の魂の本当の色というものを。
……なら、御覧なさい。見せてあげる。
あなたの、もう一つの可能性。」

あの幸せそうな影
私達は 並んで手を取り合い戦っていた
かつてあった姿がそこに

そうしてたどり着いた運命の交錯する街【crossline】
可憐で淑やかな「ミリリ」と
貴女は惹かれ合っていく

呟く
私じゃない それは 私だけど そうじゃない
顔を覆って ああ どうして 私は どうして ah…

止められはしない 二人恋に落ちて
いつしか戦うことさえ忘れていく
私(カナリア)といえばただ独りぼっちに
自暴自棄になりきれず己を殺して戦い続ける――?

『……シグが幸せなのならそれでいいから』と。
搾り出した言葉とは裏腹に
昏い内なる聲の曰く
『誰かに取られる位なら、いっそ、貴方ごと……』

「そう、聞こえるでしょう?
あなたの内に潜むもの。
己の求めるものに純粋に従うその聲が。
美しいカナリア。決して己を犠牲になどしなくていいの。
さあ、その思いを認めなさい。
それこそがあなたを最も美しくするのだから。」

『ただ傍にいたい それさえ叶わないなら
貴方をあのときのまま“永遠”に……』
鎌首を擡げた本当の私が
私に向かって囁く それは歪な鏡像

「カナリアの心を待つミリリは言葉を詰まらせる。
己の内なる欲望の聲。それこそが真実の姿だという。」

「――否定したい。
――けれど。
――出来ない。
――現に、自分はあの女を殺したのだから」

「そんな、だって、私は……」

「……沈黙。それはきっと、何よりも雄弁な回答。」