Uta-net

Movie&Songs

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

動画再生

ひまわり

 
サヨナラも言えず 迎えた朝焼け
僕らは涙を咬んだ
気が付けば夏の匂いがした
君といた夏の中

陽に向かうように 負けないように
折れそうになるくらい背伸びして
君のことをわすれようとした

笑顔を選んだり 泣くのを迷ったり
つよい人になろうとしてしまうけど
本当は逢いたい ものすごく逢いたい
どれだけ涙を流してしまうんだろう

だけど夜空も見上げる
ひまわりになりたいんだ

ありがとう いつでも微笑みくれたね
僕は返せていたかな
そんな当たり前の幸せに
気付かない僕だった

君との思い出ひとつひとつを
壊さずに ポケットにつめこんで
守ることが勇気なのかな

今どこにいるの?何をしているの?
空を眺めては思いを募らせる
信じているんだ 祈っているんだ
この空が君へ 続いていることを

そして巡り来る夏に
君をまた重ねるだろう

ひまわりが咲いた 僕をためすように
君がまるでそこに立っているようです
明日は来るけど ありふれてくけど
わすれたい 君をわすれない わすれられない

笑顔を選んだり 泣くのを迷ったり
つよい人になろうとしてしまうけど
本当は逢いたい ものすごく逢いたい

そして巡り来る夏に
夢をまた重ねるだろう