検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

動画再生

羽根

 
確かに輝いていた あの日々に埋もれた
時の流れ切なく 戸惑いを残したまま
細い指で束ねた 髪が揺れた夜に
置いてかれた景色は 瞼焼き付いたまま

夢の位置を 理由にして どれほど傷付けたのだろう
戻れるなら もう貴方を 離したりしないのに

いつか強く高く飛べたら 貴方攫い未来へ
誰にもわからぬ想い 幸せの向う側へと

嘘に慣れた夜から 抜け出せぬ心は
やがて身体蝕み 風さえも感じられず

明日の意味を ぼやかしては 逃げ道を探し続けた
ふと気付けば もう貴方の 心は消えていた

今は強く高く飛べずに 貴方想う夜明けを
ひたすらに越えていく 悲しみの向う側へと

いつか強く高く飛べたら 貴方攫い未来へ
誰にもわからぬ想い 幸せの向う側
破れかけた羽根さえ 互い紡ぎ合えずに
サヨナラ繰り返した あの日々に戻らぬよう