検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

動画情報が取得できませんでした。
 
遠い昔から見守っていた君は
風に揺れながら凜と咲いていた

降り積もる気持ち この胸に抑えていても
真実の言の葉は隠しきれない

何度 季節が過ぎようと 愛してるとささやいて
君の笑みも涙も誰にも渡しはしないよ

いつか手のひらを差し伸べたあの日より
君は ただ真っ直ぐ前を向いていた

秘められた願い
重ねてく吐息のように
少しずつ熱を帯び 苦しんでいた

もしも運命という名の出逢いが許されるなら
君の過去も未来も この腕に閉じ込めたいよ

君の全てが欲しくて抱きしめていた
俺なしじゃ生きられない そう言わせてみせる

何度 季節が移ろえど俺の愛は変わらない
どんなことがあろうと逃がしてはあげない
あの運命より強い想いがここにあるから
君という存在を俺のものにしたい…ずっと