検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

動画再生

ハルノユキ

 
-- 春の雪 ヒラヒラと 一片の想いを隠して
いつまでも いつまでも 届かない浅い夢のように--

小説はここで終わり
繰り返し読みすぎて 擦り切れたぼろいページ
もう捨ててしまおうかな

出来もしないことさえも はしゃいで追いかけた日々
制服の僕たちが この道を駆けていく

つまらない見栄と意地と 後悔だけ覚えて
「上手く大人になれたかい?」
どうか応えてくれ

会いたくて 会いたくて 気がつけばまた春の匂い
何度でも 何度でも すり抜けていく君の面影
そうずっと もうずっと 呼び続けている
いつかは消えてしまうから

返す機会失った言葉も あの楽譜も
時が止まった僕さえも どこにたどり着くだろう

水面が白く染まって 同じ季節が巡るよ
「ちゃんと幸せになれたかい?」
いつか教えてくれ

春の雪 ヒラヒラと 一片の想いを包んで
いつまでも いつまでも 届けたい君のその空へ
そうずっと もうずっと 流れていった時間
いつかは死んでしまうから

たった一度きりの花はやがて枯れても
春が来る度にまた逢えるというらしい
人ごみの街中でもこの桜の川辺でも
平等に訪れる終わりと始まりを 優しく濡らしていく

春の雪 ヒラヒラと 一片の想いを許して
いつまでも いつまでも 届けたい君の空まで

会いたくて いま会いたくて 泣き出しそうなこの春の匂い
何度でも 何度でも すり抜けていく君の幻
そうずっと もうずっと 呼び続けている
いつかは忘れてしまうから

うわごとのように 君の名前を