Uta-net

Movie&Songs

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

動画再生

ボクノスベテダッタノニ

 
いつか僕の 歌が君に届いて
滲んだ時代(とき)を想いだすんだろか
何か信じて 何か探してたね
失いそうな 何かに脅えて

息が白く 君の顔 霞(にじ)ませた
凍えそうな真夜中の街路(みち)で
まるで二人 悲しい映画のよう
ラストシーンを 演じるように
若いってことは 自由でいることと
悲しすぎるね 思い込んでいたよ

未来(あした)を信じなきゃ 夢みる資格ないけど
その瞬間(とき)の僕らは その手に夢を持ってた

人は誰も 過ぎた青い時代(とき)を
「若かったよ」と 笑い話にする
さめた視線 古い映画観るように
まるで夢を やり過ごしたように

あの日の僕ら 輝いていたよね
未来(あした)じゃなくって
瞬間(いま)を歩き、生きた

若すぎた僕には 幸せが見えなかった
微笑んでた君が 僕のすべてだったのに

若すぎた僕には 幸せが見えなかった
微笑んでた君が 僕のすべてだったのに
Lalalala Lalalala 僕のすべてだったのに