検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

動画再生

君の瞳の中に見えた丸くて青い星

 
君がどこかに落とした トワイライトの彗星
一緒に見つけてあげる だから追い越して追い越して
孤独が足踏みしてる 時計の針は痛いね
真夜中のオーケストラ 指揮者は君に任せるぜ

今にもわんわん泣き出しそうなその青い瞳は
僕らの住んでいるこの星に似ているような気がする

宙を舞ったゴミ袋が 僕には天使に見えるよ
立ち上がって走る君が 僕には未来に見えるよ

君がなんにもいわずに 残していった彗星
僕はうんとうなずくよ だから追い越して追い越して

泣いてなんかいないぜ 伸びてく影に小さく手をふるよ
二つが遠く遠くなるまで見失えるように

風に舞った週刊誌が 世界の終わりを告げても
ふざけあって転げた日を 僕は忘れはしないだろう
オーディエンスの声援は 旅立つ君のファンファーレ
いつだってこの胸の中に 君がいるから僕は笑えているんだ

引きこもってた少年が その音楽を聞きました
愚痴をこぼしたOLが その音楽を聞きました
君がタクトを振りかざし 僕らは何度も夜明けを見た

宙を舞ったゴミ袋が 僕には天使に見えるよ
立ち上がって走る君が 僕には未来に見えるよ
オーディエンスの声援は 旅立つ君のファンファーレ
いつだってその胸の中に 僕がいるから振り向かずに行くんだ