Uta-net

Movie&Songs

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

動画再生

鈍色の青春

 
コルクボードに貼りつけた恋人の写真がずりおちて
こちらはかえって好都合あわせる顔などないのです
キャラメルコーンの袋の中きっとこんな感じでしょう
背中が小さく丸まって最終電車に想うのです

カーテンからはみ出した夕陽の真っ赤
この侘しい直方体をぶった切っていく様を
しばらくは黙って見つめていたのですが
とうとうこみあげてくる感情を抑えきれなくなり
私にとってもはや禁句とさえ思えるその一言を
思わず口にしてしまったのです

「生きてもないのに、死んでたまるか!」

血迷ったおばちゃんのヘアカラーに似た夜明け前の混沌に口笛を浮かべれば
ミスマッチかと思いきや なかなかどうして すんなり溶けるのです
友よ、叶えた輝きに満ちている頃だろう
友よ、締めた悲しみがそっと癒えた頃だろう
私のこの今さらながらのバカバカしい武者震いを
笑ってやってくれないか‥‥

気まぐれに開いたノートブックの真っ白
くやし涙と同じテンポでこぼれ落ちる言葉たちを
みるみる吸いとっていく様を
しばらくは黙って見つめていたのですが
とうとうこみあげてくる感情を抑えきれなくなり
私にとってもはや禁句とさえ思えるその一言を
思わず口にしてしまったのです

「生きてもないのに、死んでたまるか!」