Uta-net

Movie&Songs

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

動画再生

消印東京

 
あの頃の僕はと言えば 街を出たくてしょうがなく
「東京に行けば…」それだけで 夢が叶う気がしていた
六畳一間で始まった 全てが新しい暮らし
ダンボールだらけの部屋の中 寂しさと希望が混ざり合った
渋谷 新宿 池袋 眠らない街に心踊り
朝方寝て 昼起きる 生活に慣れていった
いつの間にか 一杯になるポストのチラシに紛れた
あなたからの手紙

東京で生きている 故郷を離れて
懐かしい僕の街は あの空の向こう
ひとりぼっちの部屋で あなたからの手紙を読む
僕を想う 心配が溢れていた

毎月のように飽きもせず 送ってくれていたけれど
たまに書く返事さえ 億劫になっていったんだ
呼び戻そうと名前を呼んでくれる声も無視して
わがままに 思うがままに この街で生きていた
少しずつ数が減っていったよ いつしか来なくなる時が来ると思わず

「東京は遠いね」って ぽつりとつぶやいた
悲しそうな顔が忘れられない
最後まで 僕の名前 呼び続けてくれていた
優しさが 文字のひとつひとつに溢れてた

与えてもらうばかりで 心配かけてばかりで
結局 僕は何を返せたのだろう?
まだ何者でもないけれど 今あなたへのありったけの感謝を書き連ねている
出せないこの手紙をいつか渡せるように
掴むんだ 東京に来た時の夢を
もう一度 この胸に刻みつけよう
僕はまだ あの街には帰れない