Uta-net

Movie&Songs

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

動画再生

水鏡

 
から松を抜けると
人知れぬ小川のつづれ織り 琥珀の糸
薄氷(うすらい)にふれれば
音もなくひび割れ 青白い水の鏡

淋しい顔した少女が映るの
ねえ あなたって
きっと不幸に気に入られてる 可哀相な娘ね
そうね 私って
愛も見放す脇役みたい

硝子めく水面を
一粒の涙が打ちくだく水の鏡

蜜色の陽射しが
蒼ざめた木の葉の翳投げる道に独り
手のひらが切れそう
さやめきの冷たさ 生きるのがせつなくなる

淋しい顔した少女がさゝやく
ねえ 愛なんて
捨ててしまえば こんな苦しむ傷もいえるのに
でもね 自分には
嘘はつけない だませもしない

哀しみに耐えれば
あの人にいつかは届くはず水の鏡

淋しい顔した少女がさゝやく
ねえ 愛なんて
捨ててしまえば こんな苦しむ傷もいえるのに
でもね 自分には
嘘はつけない だませもしない

哀しみに耐えれば
あの人にいつかは届くはず水の鏡