Uta-net

Movie&Songs

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

動画再生

長編歌謡浪曲 嫁ぐ日

 
明日は嫁ぐ日 父さんと
暮らした家とも 今日限り
あんなに反対 するなんて
一人泣いた日 あったけど あったけど
今ならわかるわ 親ごころ

まじめで頑固で お人よし
いつでも私を 暖かく
守ってくれてた あの日々も
いつか遠くに なりました なりました
父さん許して わがままを

「お前はわしのかわいい一人娘や。その相手が髪は茶色でぼさぼさ頭。
破れたジーパンはいて、ろくに挨拶も出来んようなやつが、
うちの娘とつきあいたいやとお!何寝ぼけたことをゆうてんねん!
つきあうどころか二度と会うことも許さんゆうたやろ!」
「何べんゆうたらわかるのん。
あの日はコンサートに行く予定で、あんな格好やったんよ。」
「結婚したい相手の家にあんな格好で来るような非常識や、
声も小そうて頼りない。誰があんなもんにお前やれるかい。
そもそも親がどんだけ心配してんのんか、親の気持ちがわからんのんか。」

前まで仲良し 父娘
今ではいつも けんか腰
近頃、娘は 返事もしない
親の心は 晴れずとも
若い二人の 心は急ぐ
早く一緒に なりたいと
いくら親父が 気に入らんと
言ったところで かいもなく
娘の決心 ゆるぎなく
親に勝手に 式の日決めて
その日も追った 夕まぐれ
いかに反対 口では言えど
やはり人の子 人の親
かわいい娘の 行く末を
気にせぬ親など いないもの

「しょうがない。
いっぺんあの男がどんな店で働いてんのんか見にいったろう。
あっあれやな、よしわしもいっぺん一緒に行ってならんでみよか。」

嬉しい時や 楽しいとき
元気がない日や 風邪引いた日は
外はかりっと 中ふんわりと
食べたら蛸が ええだし出して
たこ焼きみたいな 顔した男が
鉄板前で 大汗かいて
ちっちゃなたこ焼き くるくる焼いて
待ってるお客と 漫才をしながら
働く 楽しげに。

「すんません、たこ焼きおくんなはるか。」
「ああ、おばあちゃん、ちょっと待ってな。
お年寄りに長いこと待ってもらうんは気の毒なんで、
先にこのおばあちゃんに、たこ焼きあげてもよろしいですか?すんません。
はい!おばあちゃん、まいどおおきに。」
「あら、お母さん。またたこ焼きもろてはる。」
「美智子さん、わたしはちゃんと買うてますよ。ほれこれで…。」
「ええ!お母さん、これは市バスの老人優待券やないの。
バスはただで乗れてもそんなんでものが買えるわけないでしょ。」
「これ見せたらな…ここのたこ焼きは売ってくれるんやで、
なぁ、たこ焼き屋さん。」
「うちのたこ焼きがおいしいゆうてくれはるので、
時々ちょっとだけ包ませてもろうてますねん。おばあちゃん、
これからも元気でたこ焼き買いに来てな。その優待券持って。」

「ただいま。」
「お父さん、お帰り。」
「これ土産や。」
「えっえらい又、仰山のたこ焼き。」
「あいつあいつ頭は茶色やけど、
なかなかの心優しいええ~男やないか。」
「えーっほんならお父さん、これあの人が焼いた…たこ焼き。」
「あいつやったら、お前の事幸せにしてくれるやろうなぁ。」
「お父さん、ありがとう。ほんまにありがとうお父さん。
そやけど、そやけどえらい仰山買うてきたんやね。」
「ええがな~近所へもお前の幸せおすそわけや。」

一人娘の 嫁ぐ日が
いつかこの日が 来ることは
かねて覚悟は していたが
花嫁姿の 娘から
大きな瞳に 涙をためて
面と向かって あいさつされて
嬉しいような 寂しいような
親の心は あるけれど
花嫁になる 嬉しさで
前にも増して 輝く娘
こんがり焼けた まん丸顔の
ええ味出ている たこ焼き男
身内だけでの 結婚式
豪華な衣裳も 料理もないが
これが二人の 大事な門出
高砂やこの浦舟に帆をあげて

父さんお世話に なりました
心配させたが あの人と
必ず幸せ 見つけます
嫁に行っても はなれても はなれても
私はあなたの 娘です