Uta-net

Movie&Songs

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

動画再生

帰郷

 
バスを降りた僕の故里 夏の草に覆われ
老いた父母迎えてくれた 庭に赤いほうずき
積もる話のひだに わずかの酒がしみたのか
ひじを枕に老いた父は 軽いいびきをたててる

幼馴染みが訪ねて来て 昔の僕の部屋で
パズルみたいに 思い出の糸
たぐり寄せてはつなぐ
時の流れに任せて ずいぶん遠くに来たものだ
あの日抱いた熱い望みは 茂る夏草にまぎれて

明日の朝はバスに揺られて 故里を出て行く
父や母や愛する友を 捨てて行くのはなぜだろう
こんな別離を幾度もくり返すこの僕は
やはり淋しい時代の中でも親不幸なのだろう
やはり淋しい時代の中でも親不孝なのだろう