Uta-net

Movie&Songs

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

動画再生

あの日の空は極彩で

 
秋桜が揺れている小さな公園で
探している一つ一つ確かめる様に

二人で座るには少し狭いこのベンチも
一人で座るとこんなに広かったなんて
今さら知った

初めて二人で行ったあの映画館はもう今じゃ
とても綺麗なビルになってしまっているけど
過ぎていく日々の中で消えないものがあるとすれば
あの日二人で見上げてた空の彩だけ

忙しい毎日に背中を押され
少しだけ前を向いて歩ける様になった

それでもまだ街で懐かしい面影を見付けると
左胸のドアをそっと叩く二年前の僕がいる

いつも二人で行ったあの公園は再来年
大きなスーパーになってしまう予定だけれど
どこか遠くの場所できっと相も変わらず
同じこの空を君は見てるはずだから

風の彩や大地の彩よりも
あの日の空が何よりも鮮やかで

いつも二人で見てた屋上から眺める景色は
随分彩味が薄くなってしまっているけど
空はあの日と同じ瞼の君と同じで
言葉にならない程輝きに満ち溢れ

今も変わらず極彩色の空だけは