Uta-net

Movie&Songs

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

動画再生

シエスタ

 
春の兆しに
つつまれた午後の窓辺
空色のカウチにもたれ
うたた寝をしている

やわらかな風は
秘密めく吐息のように
この胸をそっと不思議な
せつなさでまたくすぐる

安らぎを抱いていても
うらはらだね 男は
最後の恋を捜してる
心のスミで
ときめきを刻みたくて
痛いくらい確かに
古い時計の小さな針
止める その前に

戸惑いという
チケットを握りしめて
幸せと夢のあいだの
駅にいまたたずむ

大切な荷物(もの)が
増えすぎた心の部屋
この頃じゃ涙もろくて
残された時感じる

満ち足りた日々のなかで
なぜかいつも男は
炎のように燃え尽きる
憧れに酔う
黄昏に向かう陽射し
このまぶたを揺らして
まどろんでいる休日は
甘い夢を見る

一瞬でいい
裏切りたくて 自分を

安らぎを抱いていても
うらはらだね 男は
最後の恋を捜してる
心のスミで
ときめきを刻みたくて
痛いくらい確かに
古い時計の小さな針
止める その前に