Uta-net

Movie&Songs

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

動画再生

HANABI -solo ver.-

 
誰もいない 線路道へ
寝転がって 明日を聴いた

茜色の約束は 過ぎ去る季節のなか
また逢えるその日を 信じては 何度も甦るよ ほら

こころの夜空 消えてく花火
きらきら咲き 君描くけど
いつかは ぼくら 大人になって
夢花火のよう 刹那さえ 咲かせるよ

名前もない 飛行機雲
ただ追い掛け 君を呼んだ

“今日”というたからものに あの頃 気付けてたら
それぞれの未来を この胸に 抱きしめ笑えたかな まだ

旅立つ君へ “ありがとう” ずっと
今言の葉を 唄にしたなら
「儚いほうが 綺麗だ」なんて
ねえ云わないで 花火へと 手を伸ばそう

こころの夜空 消えてく花火
きらきら咲き 君描くけど
いつかは ぼくら 大人になって
夢花火のよう 刹那さえ 咲かせるよ

今年の夏も きれいな花火
ひらひら舞い 君を待つように
夢見し季節 ぼくらのままで
花火のよう 打ち上がれ 今 空へ