Uta-net

Movie&Songs

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

動画再生

僕はダンプの運転手

 
「さあ そろそろ出かけるか
チェッ エンストしやがら」

おいらはダンプの 運転手
朝から晩まで 砂利積んで
走りつづける おじさんさ
都会は車と 人の波
ハンドル (オットット) 切るのも 命がけ
ハンドル (危ねえな) 命がけ

なにしろでっかい 図体で
タクシーなんかは 眼の下さ
ぶつかりゃみんな イチコロさ
だから運転 命がけ

おいらの仲間の 若者にゃ
無茶な野郎も いるけれど
おいらは10年 ヴェテランさ
危ねえことは しやしねえ

ホンの (オットット) 少しの 馬鹿野郎が
ホンの少しの (危ねえなあ あの婆さん) 馬鹿野郎が
大きな事故を 起すたびに
今日も世間の 白い眼が
ダンプ、ダンプと 睨み出す
だから運転 命がけ

おれたちだけが 悪いんじゃない
こうして危険な 都会でも
ブンブン飛ばして 運ばなきゃ
明日の飯(まんま)に 困るんだ
労働条件 (オットット) てェやつが いけねえんだ
労働条件てェやつがネ (どうも) いけねえんだ

命もいるけど 金もいる
だからギリギリ いっぱいの
スピード出す気に なるんだね
おいらはダンプの 運転手
でもね、こうして 都会を抜けて
ノンビリ田舎へ 出てくると
車も人も ずっと減り
ここらでノンビリ 煙草とする……
「馬鹿野郎! どこ見て歩いてるんだい
このスットコドッコイ 命が惜しくねえのかい」

と、どなりたいけれど 我慢して
あいつだって用事で 急いでいたんだろうよ
制限速度で 春風に吹かれ
ノンビリ走れば この世は楽し

さてそろそろ 目的地
腹いっぱいに 砂利積んで
(あ、いっぱいはいけねェや
どうもお巡りさん 済みませんネ)
またまた都会へ 逆もどり

こいつを降ろせば 一日の
仕事を終えて イソイソと
我が家へ帰って晩酌だ
そいつが楽しみ たまらねえ

人も殺さず 自分も死なず
毎晩一杯 やりながら
しあわせな日が 送りたい
みんなで楽しく 暮らしたい

「やっぱり畳の上で 死にてェもんな
ねぇ、みなさん……」