検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

動画再生

さわやかな君の気持ち

 
比べることなんて 無意味なのにね
いつも 周囲(まわり)と比べては ヘコんで
波の音が心地よかった
私を見る その瞳は強く

君の胸の中に抱かれ hold me 夏の日差しの中
私の手に抱かれた hold you 戻るはずもない

さわやかな君の気持ちで歩いた
ときには 先が見えなくて
今日もまた一日 迷わない笑顔で
どうしてだろう…互いにとって言葉は 不自然になってゆくよ
駆け抜けた季節だけ ずっと あなたを見ていたよ

矛盾とエゴの良心の呵責
何故 夢のように ほどけていくの?

電話したのは call you ただ好きと伝えたいから
つなぎとめて call me おく手段と思いたくない

あの時 君の気持ちに気付いて
ときには泣いてあげたなら…
今日もまた一日迷わない笑顔で
どうしてだろう…空の青さ見るたび口に出すのが恐くて
駆け抜けた季節だけ ずっと あなたを見ていたよ

Did I hear you say you need me?
So very lonely was my heart
I wish those days cloud come back once more
'Cause one they start to light up the sky

さわやかな君の気持ちで歩いた
時には 真実(さき)が見えなくて
今日もまた一日 迷わない笑顔で
Don't you worry why did those days ever have to go?
不自然に なってゆくよ
駆け抜けた季節だけ ずっと アナタを見ていたよ