Uta-net

Movie&Songs

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

動画再生

散華綺想伝

 
刃をつたう 紅蓮の滴
大地に落ちてなお 業に満ちて
我らの咎を 嘲笑うように 憂き世を染める

逆巻く闇に 響く刃音は
冴え渡るほど空しくて
されど微塵の迷いもないのなら

限界も運命もいらない その鎖を斬り裂いて
弱さが故のその強さ しかと受け止めよう

生命の焔 燃やし尽くして
幻舞が如く 乱れ咲け
絢爛の宵 狂乱の華
散りゆく刻を 焼き付けて

そっと目を閉じ祈るのは
君が戦うその意味が
どうか 生きてきた日の意味であるように

散りばめられた 真実と嘘
どちらが幸福か 誰も知らない
それでも人は 求めることを止めぬ生き物

記憶の底で 優しく軋む
笑顔 哀しみ その全て
されどこの世界はまだ美しい

あきらめてしまう切なさとか あきらめられぬ苦しみ
誰もが抱いてもがいて 揺れるほど輝く

激しく熱く 秘めた覚悟を
震える声で 解き放つ
繋いだ絆 いつかの縁
今花びらで 埋めたら

そっと目を開け確かめる
ささやかな夢の輪郭
今は信じるままにこの身を任せ

人は何故に傷つけあう? 天を仰ぎ問うは誰そや
君は何を望んだのか 我は何を叫んだのか

生命の焔 燃やし尽くして
幻舞が如く 乱れ咲け
絢爛の宵 狂乱の華
散りゆく刻を 焼き付けて

激しく熱く 秘めた覚悟を
震える声で 解き放つ
繋いだ絆 いつかの縁
今花びらで 埋めたら

そっと目を閉じ祈るだろう
君が守りたかったものが
永久に 君の隣で笑えますように