検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

動画再生

季節はずれ

 
胸の中にしまいこんだ八月の風の音がした
知りすぎる事が恐くてうつむいては吐き出す溜息
どこへいけば逢えるんだろう そんな場所さえ作れずに
町は静かな灯をともして また一つ悲しみを知る

地下へ続く階段で何を待ってる
近すぎた春の調べ 振り向けず わからずに

少しだけ震えてる違う明日声にならず
誰の為でもなくて それぞれがまた歩いてく

巡り逢いとか出会いとかそんな大層な物じゃない
難しい事なんて何一つありはしないさ
ちょっと秋の日の風が冬の窓叩いただけ
全ての始まりと共に今一つ終わりを告げる

すがりつく様に咲いた二つ並んだ花
つまりは単純な事 少しだけ恐いけど

遠く離れない様に僕等どっかで繋がってて
西の空今日が暮れてく またここで逢えるかな…

少しだけ震えてる違う明日声にならず
誰の為でもなくて それぞれがまた歩いてく