Uta-net

Movie&Songs

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

動画再生

もう裸足にはなれない

 
秋が来るのはいつも
あっと言う間で
何の準備もできず
恋に破れる

クリーニングに出した
ノースリーブたち
ビニールの中に
閉じ込めた渚

太陽に灼かれて
海風に吹かれて
抱きしめ合った
ひと夏の愛しさ
波間に遠ざかる
儚(はかな)いね
太陽に灼かれて
海風に吹かれて
名前を呼んだ
ヒールの高い靴じゃ
あの日の砂浜は
歩きにくい
裸足になる気にはなれないけど…

冬は足音を消して
背後に回り
カーデガン羽織っても
肌寒くする

恋をしていると
そわそわしてしまう
目の前のことも
覚えていないの

首筋の陽灼け
ひりひりしてたのに
忘れていたわ
悲しみも寂しさも
どこかに置いて来た
感情ね
首筋の陽灼け
ヒリヒリしてたのに
嫌じゃなかった
後悔するくらいの
強い陽射しだから
惹かれるのよ
パンプス脱ぎ捨てていいと思った

太陽に灼かれて
海風に吹かれて
抱きしめ合った
ひと夏の愛しさ
波間に遠ざかる
儚(はかな)いね
太陽に灼かれて
海風に吹かれて
名前を呼んだ
ヒールの高い靴じゃ
あの日の砂浜は
歩きにくい
裸足になる気にはなれないけど…