Uta-net

Movie&Songs

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

動画再生

気仙沼線

 
三月の寒い日でした 娘は仕事を全うし
命と引き換えに 声を残した

志津川ののどかな街並み
すべて流された後の
小さな灯は明日への道標

希望に続く あの鉄橋
線路は今もがれきの中

あの日 波がやってきた
つんざくこだまに 光が散った
それでも続く いのちは続く

三月の寒い日でした 母が迎えに来てと
電話口で聞いたのが 最後のぬくもり

清水浜の潮のにおい
カモメが木枯らしにのっていく
萌える緑は 命の輝き

幸せ運んだ あの駅舎
ベンチは今も風の中

あの日 波がやってきた
つんざくこだまに 光が散った
それでも続く いのちは続く

三月の寒い日でした 子供の姿を探したけれど
ただ安らかにと 祈るしかなく

大谷海岸の浜の音
波に遊ぶ子供が消えても
私は海につながっている

家族で乗ったあの列車
思いで遠く夢の中

あの日 波がやってきた
つんざくこだまに 光が散った
それでも続く いのちは続く