Uta-net

Movie&Songs

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

動画再生

Exit

 
君の夢を見てる あの日のように
何も怖がらずに 信じるように

いつまでも思い出してる 君の言葉
かき混ぜるほどに薄まって 消えてしまうよ
確かめるように 夢中になって

裸足のまま 迷い込んでいた
足を止めてもいい でも
追いかけても 手を伸ばしても
まだ応えないで でも覚えてて

あの午後に 僕らの 小さな部屋にも
似合う花瓶を見つけて それだけで明日も

なんとか埋め尽くせそうな 気かしてるだけ
気づかないふりしたヒビが 拡がっていくよ
繰り返すほどに 夢中になって

裸足のまま 迷い込んでいた
足を止めてもいい でも
追いかけても 手を伸ばしても
まだ応えないで だけど
忘れるまで 変わらないでいて
君に願うけど でも
待ち焦がれた 朝のように また始まるんだ

裸足のまま 迷い込んでいた
足を止めてもいい でも
問いかけても 手を伸ばしても
まだ応えないで だけど
忘れるまで 変わらないでいて
君に願うけど でも
待ち焦がれた 朝のように また始まるんだ
まだ覚えてる