Uta-net

Movie&Songs

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

動画再生

ドレス

 
君に今、心から告げる
「ありがとう」も「ごめんね」さえも未だに言えずにいたから
ねぇ…聞こえていますか?
置いてけぼりの行き場無い愛の唄 今日も歌います

出逢いから、始まりの夜も、サヨナラまで
全てが何故か、偶然夏の終わりで
たった一度の幸せな冬
季節の様に彩を変えながらも “永遠”と疑わなかった

君は嫌いだね 前も向けずに俯く僕は
こうして幾夜も、擦り切れた心を庇うまま
また冬が…

100万回は言えなくても、もっと「好き」と伝えてあげてたら
最後の「好き」にはならなかったかな?
今更こんな唄ひとつじゃ拭えないね この罪も、涙も…
“もう一度~”なんて夢見る事も、今は僕を惑わせて

どうして涙は、次から次へ溢れ出すんだろう。
あんなに短い一瞬の幻だったのに。
幸せな想い出なんて、辛い記憶へと形を変えるから。
二人が出逢った理由を、神様はどう説明するんですか?

気付かぬまま過ごせば
無理矢理でも君の幸せくらい願えていた
ドレスを纏い、くちづけに誓う事さえ出来ない君は
誰を愛して、未来を描いて その花を咲かすのだろう?

ごめんね…

100万回は言えなくても、もっと「好き」と伝えてあげてたら
今でも君は此処に居たかな?
「今更だ」って押し殺せば 余計にホラ…また胸に降り積もる
この雪の様に、次の春には溶けて消えたらいいのに

裏切りずっと繰り返した、僕なんかを信じられないよね?
それでも最後だから聞いてよ
「愛しています…ずっと、ずっと」
「今まで以上、誰より君を…」
その花枯らさずに笑顔でいてね

サヨナラなんて言わないよ
この先また巡り逢うまで、強くなると誓おう
その時ドレスを君に着せてあげるから