Uta-net

Movie&Songs

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

動画再生

鉄道唱歌

 
汽笛一声 新橋を
はやわが汽車は離れたり
愛宕(あたご)の山に入(い)り残(のこ)る
月を旅路の友として

右は高輪(たかなわ) 泉岳寺(せんがくじ)
四十七士の墓どころ
雪は消えても 消え残る
名は千載の後までも

国府津(こうづ)おるれば馬車ありて
酒匂(さかわ)、小田原 とおからず
箱根ハ里の山道も
あれ見よ雲の間(あいだ)より

はるかに見えし富士の嶺(ね)は
はや我がそばに来(きた)りたり
雪のかんむり雲の帯
いつも気高き姿にて

駿州(すんしゅう)一の 大都会
静岡いでて安倍川(あべがわ)を
わたればここぞ宇都(うつ)の谷(や)の
山きり抜きし洞(ほら)の道

名高き金の鯱鉾は
名古屋の城の光なり
地震のはなしまだ消えぬ
岐阜の鵜飼(うがい)も見てゆかん

東寺(とうじ)の塔を左みて
とまれば七(しち)条ステーション
京都京都と呼びたつる
駅夫(えきふ)の声も勇ましや

東にたてる東山
西にそびゆる嵐山
かれとこれとの麓ゆく
水は加茂川桂川

送り迎うる程もなく
茨木吹田うちすぎて
はや大阪につきにけり
梅田はわれを迎えたり

三府(さんぷ)の一(いち)に位して
商業繁華の大阪市
豊太閤のきずきたる
城に師団はおかれたり

神戸は五港の一つにて
あつまる汽船のかずかずは
アメリカロシア支那印度
瀬戸内(ない)がよいも交りたり

おもえば夢か時の間に
五十三次走り来て
神戸の宿(やど)に身をおくも
人につばさの汽車の恩