Uta-net

Movie&Songs

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

動画再生

終焉の魔法、終天の真意。

 
────書物曰く。

蔦に絡まれた、この城の地下に在るという部屋に
魔法の根源である、“結晶”の中、貴方がいる。

[もしも君が、彼を助けたい、と、そう願うなら、“覚悟”をして]

どれ程の絶望を抱え、ここで一人。
私の為、死んだのでしょう。

何を犠牲にしても。
貴方だけは、私が助ける。

暗く寒い階段を降りてその奥に進んで行くと、
青白い光を帯びた銀色の大きな扉が。

[扉に触れ、大切な物を捧げた先には、“願い”が待つ]

扉に触れると誰かの声がして

≪“総て”を差し出せ≫と、言った。

────私は頷き、願いを伝えて、“総て”を失う。

“結晶”から放たれゆく貴方は私の腕の中で眠る。

「彼を蘇らせた後に、彼の中から私の記憶を消して。」

“わたしのいないせかいで、しあわせになって”

あなたに、まだ、きこえていますか、このこえが。
きえてしまっても、さけぶよ、あなたを、あいしています、と。