検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

動画再生

ぬくもり

 
あの日 きみがくれたその言葉が いつの日でも僕を支えていて
さり気なく手を振るその背中を もう少しだけ見ていたいと思った

ふるさとに咲くはずの淡い花 何故だろうその花の匂いがした
確かなことなど何もないから 不確かな明日を信じてみるよ

そう 遠く聞こえたのは変わらないメロディー いつでも

言葉に出来ないほどの強い愛が 僕の胸のうちを駆け抜けてく
どうして なんで 怖くて目を背けた
泣いたっていいんだよ それも僕らなんだよ
愛するものを守りたくて 暗闇をひたすらに駆けてゆく
忘れないで 僕がまだここにいる ぬくもりの中に見つけた「ありがとう」

あの街を出て行くと決めたのは 飾らない優しさのきみの言葉
遠く離れてつま弾いた日々に 一抹の希望を重ねてみるよ

そう 強く信じたのはあたたかい未来 今でも

心に抱えた孤独や虚しさと 誰も笑顔の裏闘ってる
そうしてないと壊れてしまいそうで
強くなくていいんだよ それが僕らなんだよ
愛する意味をまた求めて きみのその面影に触れてみる
忘れないよ 僕らなら歩けるよ この日々の中に答えはあるだろう

言葉に出来ないほどの強い愛が 僕の胸のうちを駆け抜けてく
どうして なんで 怖くて目を背けた
泣いたっていいんだよ それも僕らなんだよ
愛するものを守りたくて 暗闇をひたすらに駆けてゆく
忘れないで 僕がまだここにいる ぬくもりの中に見つけた「ありがとう」
見つけた「ありがとう」