Uta-net

Movie&Songs

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

動画再生

タンポポ

 
虫かご片手に少年がひとり
山道の途中で おにぎり食べた夏の日
おしりの隣にたんぽぽ見つけて 白い種やさしく抱き上げた。
そよ風吹いても崩れゆく か弱いたんぽぽを運んで
山の頂上に着き 口に近づけ息をそっと吹きかけたよ
風に運ばれて飛んでく たんぽぽの種よ さようなら
何処かで花咲かせよ
都会のアスファルトが待ってることを
知らない子供たちは気持ちよさげに旅立って
ちょうちょと語り合った日々を思い出に
青空見上げながら飛んでゆくよ

すずめが並んで飛ぶこともあるし
くちばしでカラスにいじめられたりするけど
太陽の光浴びながら種は 何処までもあきらめることはない
仲間の一人が蜘蛛の巣にやられて命を失った
そんなことも知らずに冷たい風をうけて震える雨の日
どしゃぶりにうたれ落ちてく 他の仲間たちよ さよなら
兄弟離ればなれ
都会のアスファルトが待ってることを
知らない生き残りは涙こらえて風にのる
遥か遠くに見える高層ビルだけが
笑って種をずっと見つめてるよ

都会のアスファルトが近づいたとき
緑が何処にも無く たんぽぽはもがき嫌がって
それでも風はおさまらずに種たちを
無理矢理 排気ガスに押し込んでいく
都会のアスファルトに舞降りた時
車に踏みつぶされ 人に踏まれて雨にぬれ
少年に抱かれたあの時の思い出が
心の奥でそっと消えていった