検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

動画再生

雨フル~悲しみはきっといつの日か~

 
雨の降る朝 にじんだ空に
ため息も消す 雨音の中
一粒のしずくが 優しく頬にふれた
君が隣にいない 街の片隅で

何も言わずに そばにいてくれた
あのぬくもりが 恋しくなるけど
強がることが 一番ラクだと
闇雲に信じてた

悲しみはきっといつの日か
消えてなくなるのかな
今も心には 穴があいたままで
君がいたあの時間は
今でも痛いほど
刻み込まれてるよ 胸の奥に

静かに降り続く 雨はいつの日も
街のざわめきを 包み込むの

雨粒まとう 傘の下で
かばんを抱きしめ 君を想った
色とりどりの悲しみも
すべて雨のしずくになって
心の中から流れればいいのに

溢れ出す思いこらえることを
いつしか覚えてしまったけれど
強がることが一番ツライと
今更気づいたのよ

悲しみはきっといつの日か
消えてなくなるのかな
今も心には 穴があいたままで
君がいたあの時間は
今でも痛いほど
刻み込まれてるよ 胸の奥に

街を包み込んだ 止みそうもない雨は
私の記憶にも 降り注ぐの

この悲しみもいつの日か
空と同じように晴れるかな
今も心には穴があいたままで
君がいたあのときは
今でも痛いほど
刻み込まれてるよ 胸の奥に

心に降り注いだ 深い深い悲しみも
きっといつの日にかはね 虹となるの