Uta-net

Movie&Songs

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

動画再生

Lost Water

 
ひび割れた砂漠の町。
生温い雨が、銃弾の様に撃ち付けていた。
彼は部屋の片隅で小さな詩を書いて、
それを囁くように歌ったり、祈る様に叫んだり、
時には粉々に壊したり。

新しい光に群がる人達は、みんな居なくなった。
彼は一羽の鳩の様に、ゆっくりと群れから離れて行ったんだ。
寂しくもなく、悲しくもない。
彼はいつだって自由で、気持ち良いくらいに孤独だった。

遥か遠くで誰かのクラクションがファンファーレの様に鳴り響く度、
言葉足らずの、時には字余りの不器用な歌は
どこへ行く当ても無く、この部屋の天井あたりをグルグルと回っていた。
彼は夏の魔法に溶かされてギターを抱えたまま眠りの森へと迷い込む。

「狂気と紙一重の勇気」

いつの日か、この身体を抜け出してやって来た場所へと帰ろう。
彼は言葉では説明出来ない気持ちをポケットの中にしまい込む。
そいつに名前を付けて仲良くやろうと決めたんだ。

オレンジ色の太陽が地平線に触れた時、
黄金の輝きが空間を染めて、やがて静かに消えて行く。
柔らかい夜が再び世界を包み込む。
なんて美しいのだろう。

雨に濡れた鳥達が海を渡って行く。