検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

動画再生

パンドラの夜

 
風が唄う 碧い旋律(うた) ほら 君に聴こえている?
迷わないで 明日(あす)はもう すぐ側に…

人気のない夕闇が迫れば 朱く影を染める 街並みに

進む道を一人捜す今を 何度繰り返す日々を過ごす

ただ守りたいと 願う心 いつだって
閉じかけてた 扉の向こうに あるはずの答えを 今…

その瞳(め)の中 宿る視線 たとえまだ 揺れていても
忘れないで どんな時も 君は1人じゃないよ
風が唄う 碧い旋律(うた) ほら 君に聴こえている?
迷わないで 明日(あす)はもう すぐ側に… パンドラの夜

滲む足音が遠く聞こえた まるで昨日の痛みのように

その細い腕に かかえきれない想いを
繋いでいた 儚い光に 囚われたままでも いい…

降り始めた 雨に抱かれ 流す涙の数だけ
わかり合える 許し合える 人は誰もが罪人(つみびと)
眠れない 夜にさえ 潜(ひそ)む 温もり求めて
哀しいほど 名前呼ぶ声だけが 響いていたね

その瞳(め)の中 宿る視線 たとえまだ 揺れていても
忘れないで どんな時も 君は1人じゃないよ
風が唄う 碧い旋律(うた) ほら 君に聴こえている?
迷わないで 明日(あす)はもう すぐ側に… パンドラの夜