Uta-net

Movie&Songs

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

動画再生

秋色のアリア

 
壊れてはじまる いのちが生まれる
今は気づけなくても 胸のなか受け取っているの

朝焼けを待つ 心細い世界が
取り戻す時間 何気ない顔でも
秋色の風 大人びた足取りで
過ぎていくこと 教えているよ

行ったり来たり 考えている
たったひとつの真実を
探して

触れたら壊れる 終わりを待ってる
それは哀しみを誘うほど 心に迫る記憶
壊れてはじまる いのちが生まれる
誰も知らなくたって 胸のなか受け取っているの
伏せた瞳ちゃんと繋がっているの
いつだって

言葉を包む 臆病なやりとりで
隠してしまった 本当の気持ちは
空に溶かして 旅立ちのはなむけに
耳を澄ませば 優しい祈り

感じているの きっと気のせい
そっとこぼれる微笑みで
こたえる

はじけた雫に ほどけた雲間に
人はその姿を映して 愛を覚えていくね
静かに育てて ひとり歩き出す
風に踊る枯れ葉は 懐かしい温もりのあと
ずっと忘れない遠い季節を
うたってる

行ったり来たり 考えながら
たったひとつの真実を
探して明日へ

触れたら壊れる 終わりを待ってる
それは哀しみを誘うほど 心に迫る記憶
壊れてはじまる いのちが生まれる
誰も知らなくたって 胸のなか受け取っているの
伏せた瞳ちゃんと繋がっているの
いつだって