Uta-net

Movie&Songs

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

動画再生

流星

 
岡本の坂道 二人
流星を探しに行った日
あの角を曲がると見える街の灯
地平線

まるでリグレット抱え
あてもなく漂う影に
変わり行く時を知り
動けなくなってた

絶え間なく注ぐ朝日が
眩しくて遮るだろう
でも見つめれば行方がある

指の隙間から零れる
砂のような時間だから
記憶の中で生きる
星になる

限界を知るため
独り生きてきた訳じゃない

そう言ってた僕は
この場所に果てを感じて
君だけを傷つけて 通り過ぎていた

いつの日か白い季節に
また巡り会える日まで
確かなものは幾つあるだろう
開け放つそして新たな風を受け
歩いて行く
流星を頼りに 永遠に

絶え間なく注ぐ朝日が
眩しくて遮るだろう
でも見つめれば行方がある

指の隙間から零れる
砂のような時間だから
記憶の中で生きる
星になる

確かなものは幾つあるだろう
開け放つそして新たな風を受け
歩いて行く
流星を頼りに
永遠に