Uta-net

Movie&Songs

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

動画再生

CHRONICLE

 
わかってる いつか描いた
未来図はこうじゃないって
僕には行き場のない理想がひとつある

つがいの鳥街を見下ろす
自由に飛び 澄み切る視界に
人は愛しあって映るだろうか?

心=言葉ではない
なのにまた願い叫び続けてく

閉ざされた扉ノックして「開けてくれ」と声を嗄らして
届いてくれ希望の歌 空洞に響いていく
うねりを増した人並みの中 無様でも息を止めないよ
全方位に向けて放つ想い 七色のイメージ弧を描くように

変わりかけの赤信号を待ちきれず渡る少女
悪意より小さな想いあふれたのだろう

感情すら仕事の僕は
人知れずこの交差点で
今日もまた衝動を飲み込んでいる

迷い涙して捨てたものは
鈍い輝きでまだ息づいてる

夢が途絶えたあの夜も 孤独苛むあの部屋も
未来へと続いていた 大きな意味を持って
癒えない傷口は疼いて だけど痛み僕を奮い立たして
全身全霊で挑むんだ 生まれたことの真実を知るため

深海のような静寂で 何も見えない 動けない
終わるのか 始まりか それすらどうでもいいことで
醜くて 美しくて 空っぽの世界

なのにまた願い叫び続けてく

閉ざされた扉ノックして「開けてくれ」と声を嗄らして
届いてくれ希望の歌 空洞に響いていく
うねりを増した人並みの中 無様でも息を止めないよ
全方位に向けて放つ想い 七色のイメージこの世界を染めていく