Uta-net

Movie&Songs

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

動画再生

みのり

 
僕が生きてることにどんな意味があるだろう?
知る術持たず 霞んだままで
根掘り葉掘り来た道を辿る
気づけばいくつもの出逢い 別れが通り過ぎた
どれ一つ忘れぬよう 大事に奏でよう
今でも聴こえてくる ひどく懐かしい歌

どこまでも続いてる この道の向こうで
僕は何を見るだろう 何を手にするのだろう
駆け引きや打算ばかり 上手くなっていく
忌み嫌ってたルールの上でしか生きられない大人が居た

「実らない夢ならいっそ諦めた方がラクになんだよ」誰かが言った
街灯に群がる虫みたいに 僕らは東京へと吸い寄せられ
遠ざかる故郷の月はキレイだった
人混みの中で今日も 見えない星に願う

鳥のように羽ばたいて 自由を背に乗せても
僕はきっと離れず ビルの上 旋回して
何もないはずの空に 涙 零れた
この街から聴こえる歌がある 僕を呼んでる声がする

揺らぐ世界の真ん中で
揺るがないもの探そう
何度間違ったっていい
何度迷ったっていい
いつかきっと思い出すよ 夢にもがいてた日々を

実る季節を迎え 始まりの鐘が鳴る
幸せの行方に きっといつか辿り着く
あの日見た近い未来 僕は今でも歩いてるよ
そして掴まえた明日が どんな顔してても
僕は迷わず会いにゆく