Uta-net

Movie&Songs

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

動画再生

夏の記憶

 
ちっちゃな少年が
夕陽に向って言いました

明日は 何をして遊ぼうかな
また 友だちのところに行こうかな
それとも シロと海に行こうかな

こんなひとりごとを言っていた
少年を見かけたのです
どこかに 幼くあどけない感じが
あったんです
何が私の足をとめさせたのでしょう
ドロンコのシャツ?
傷をつけたホッペに 涙のあとがあって
夕陽をじっと見ていたっけ

末っ子の私には 弟のような気がしたのか
このわんぱくさが
おれのとりえなんだ というような顔で
私のほうをふり向いたっけ
ニコッと笑ったら
ちっちゃな少年もニコッとほほえみ
口笛ふきながら 帰っていった
途中 つまづいてころびそうになった
後姿が 印象的だった

今日 あの場所で
ニコッとほほみ ペコッと
頭を下げていく者があったんです
そうです
あのちっちゃな少年だったのです
今はもう中学生
人より背が低かったのが
今は 私よりずっと高くなって
また 口笛を吹きながら通りすぎて行った
あのぎこちなかった口笛も 今は…
ちょうと 今と同じ夏の夕暮れだったっけ

今日のこのできごとも
あの夏の思い出といっしょに
私だけの心のアルバムに残しておきます