Uta-net

Movie&Songs

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

動画再生

線路沿いの恋

 
二時間かけてたどりつく灰ヶ峰の眩い夜景
今でも足早な東京で踏まれないように抱えてるんだ
かわってくれた運転で 眠った僕を起こさないまま
近づく上京の日付 どれだけ飲み込んで目をそらしていたの?
もう三度目の引っ越しは 君の知らないはずの住所で
手紙なんて届くわけないのに 空のポスト素通り出来ずに

細い腕の小さな傷跡も 見つめられると照れる時の笑顔も
電車の走り抜ける突風も すべて守れると思っていた
映画を眼鏡で観る横顔も 寝起きの悪い電話の鼻声も
きっと迎えにゆけると信じてた 離れれば離れるほどに
線路沿いに咲いた恋を

いつも君を迎えにいくと遮断機が心焦らせる
支度の遅い君を待ちわびて 好きなカセットを繰り返し聴いて
普段ひかない口紅や 急いで書いた眉毛の跡を
少しへんだよってからかう度に バックミラーを占領(せんりょう)してた
過ぎゆく最後の夜にも 君は無理して微笑んだけれど
山道下りる途中の公園で 後ろ姿肩は震えてた

細い腕の小さな傷跡も 見つめられると照れる時の笑顔も
電車の走り抜ける突風も すべて守れると思っていた
映画を眼鏡で観る横顔も 寝起きの悪い電話の鼻声も
きっと迎えにゆけると信じてた 離れれば離れるほどに
線路沿いに咲いた恋を

いつか君は見るだろう 四角い箱の中で歌う僕を
あの頃とは違う人でいい 君も忘れた違う顔で
けれど君を本気で愛してたあの夜に 偽りなどなかった
嘘のように風のように 消えてゆく二人はもう逢えないままで
線路沿いに咲いた恋が…