Uta-net

Movie&Songs

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

動画再生

 
最終のバスに揺られ何となく 繰り返す外灯を眺めてます
肘をついた自分と眠りかけの街並はぼんやりと交差してく

やがて終ることを知って サヨナラを飲み込んだとしても
どうして想うのだろう 変わらぬ景色の中にポツリ

雨音が時間を止めた 麻痺した感覚をとかして
曖昧な心を濡らした夜

最終のバスはガタゴト音をたて 見慣れた街並を走ってゆく
今日もあいにくの雨模様 窓ガラスの水滴が虹色に輝いては

消えた まるで今の僕は嘘をついた子供のようだと
どうして思うのだろう 変わらぬ景色の中にポツリ

眠れない街の片隅 狭い空眺め泣いていた
愛をくれ愛しておくれ ほら
こんなにも溢れてるのに どうして僕にはくれないの
ここはどこ?大好きな君はどこ?

会いたいよ今すぐ君に もう待ってるのも疲れたよ
何でだろ 今日の僕は

フワフワと空を飛んでる 君の街を見降ろすくらい
夢なのかな こんな風に飛べたら良いな
雨音がすべてを止めた
二人の願いは流れてしまった
こんなにも無情な夜の中へ

最終のバスは僕を見送って

君の待つ場所へ